それでも

性的な不一致が発覚した私たちだったが、秋の人は彼なりに歩み寄ろうとしてくれているのが分かった

こんな風にセックスについて言葉で擦り合わせすることは必要なのか?と疑問に思うほどだったが、彼は論理的な人だったのでそれを望んだ。

秋の人はキスの相性がいいからきっとセックスも大丈夫だと言った。

私もそれには大いに同意だったし、セックスもしたかったけど、セックスをしなくても、それでも彼が好きだった。

私の過去も持病のことも何を聞いても動じたなかった。

『nanaはそれでええんや』

と繰り返した。そして一度目のセックスと過去の恋愛(マサさんのこと)を踏まえて

『俺はnanaに与えることはあっても奪うことは絶対にしない』

と言った。

それはこの後の人生で私にとっての大切な言葉になったし、また秋の人から言われたいNo.1の名ゼリフになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です