パパ活

大手のマッチングアプリは独身者専用が多くて、かといって独身だと証明する必要もないので偽れば良いだけの話なのだが、私はそれが嫌だった。

暇つぶしと少しの期待。そんな感じだった。ネットで検索して最初に出てきた既婚者でも利用できるとあったサイトに登録してみた。男性は年収と資産が記載されており、サイトへの課金状況によってランクが別れていた。年齢や居住地で絞り込みができた。

写真はぼやかした誰だか分からないようなものにした。自己紹介欄は少しだけ書いた。「既婚者です」は忘れなかった。

男性側からも女性側からもメッセージが送信できる。

ホ別2

顔合わせ0.5

暗号みたいななぞのメッセージが沢山きた。ネットで検索する。

「あぁ、そういう意味なのか・・・」

私が知っているのに援助交際は名前を変えてパパ活というものになっていた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です