三大欲求

食欲

睡眠欲

性欲

は三大欲求だと言われている

私はその中の性欲についてひとり語りをしているわけだが、旦那氏以外とセックスをするようになって、少しだけ分かったことがある

既婚者同士であれば、その付き合いには制限が発生する。毎日一緒には居られないし、約束をして、時間を決めて、帰る時間もなんとなく見越して逢う

そしてセックスをする

心の通じ合えていないセックスは単なる肌の摩耗でしかない。というのが私の見解だけれども、中にはそれで快楽を得てスッキリ満足という人もいるので、いろいろなパターンがあっていいと思う

そもそも「心が通じる」というのは曖昧で難しい。通じ合うように努力を怠らないという姿勢なのかもしれない

私は心が通じ合う為の要素として、二人で共にする三大欲求は絶対!というのをこのところ推している

セックスだけじゃだめ!

セックスの前に共にお酒を飲む、ホテルで何か話しながら食べる、セックスの後にラーメン・・・

そしてセックスの合間にウトウトと心を許し眠りにつく束の間の時間・・・・

それとセックス!

三大欲求を共にしながら築く関係にこそ心が満たされるのではないか?

週に何度会っていても、セックスオンリーな関係など満たされるのだろうか?食事を一度もせず、寝顔を見たことも無い関係

もう大人だけど、もっと大人になったらそれもありなのだろうか?

それでも、どんな男女の物語にもセックスとセットで生活感の少し漂う食事と眠りがある気がするんだよなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です