秋の人とのやり取り

もう一人の秋の人は随分と変わった人だった。私はややこしい性格で、マッチングアプリでのやり取りでメンヘラと言われることも多々あった。

でもそれには不満を抱いていて、言い方は悪いが髪の毛が生えていなかったらハゲはハゲだけど、メンヘラは精神科医でもなければ主観でしかない。なんの専門性もない人にそんなことを判定されたくない。これらをいうとまたメンヘラと言われるのでグッと我慢しているが・・。

秋の人には私がそういう人間であると自ら打ち明けた。秋の人は構わないと言った。

彼は私の住む街から二つ隣の県に住んでいた。私は会うまでに少しのやり取りと電話での会話を要求した。

彼はそれ快く応じてくれた。

やり取りはごくごく普通のものだった。今まではたくさんスケベなことや夫婦間の話を聞かれた。なのに彼は聞かなかった。いくらやりとりをしても聞かれなかった。

私は拍子抜けしていた。

そしてやり取りが続いたのでいよいよ電話をする日がやってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です