明日バイブが届きます

遡ること1年前の話。

旦那氏とセックスしようとしたら旦那氏が勃たなくなっていた。
私はたまたまだと思った。
その日だけだと思っていた。

その後、ものすごくしばらくしてセックスをしようとしても勃起しなかった。
それは私たち夫婦に気まずさを残す悲しい時間だった。

挿入して、射精するのが当たり前だと思っていたし、
それがセックスの終わりのしるしだと思っていた。

私は男性ではないので、勃起出来ない気持ちが分からなかったし、
どうしてかも分からなかった。
でも自分のせいだと思った。
私のせいで勃起しないんだと思い込んでしまった。

それまでの私たち夫婦のセックスはいたってノーマルなものだった。
このままだとダメだ!

挿入にも射精にもこだわらずスキンシップをはかることからリハビリしよう。
私はネットでバイブを探し始めた。

挿入に代わるものはこれしかないと思った。
ネットの中で目が回るほどある商品からひとつバイブを選んだ。

購入の手続きをすると配送日は翌日になっていた。

「明日バイブが届きます」