Tinder#冬の人-⑪

そして私たちは古ぼけた和室のラブホテルの休憩という制限のある時間制の中で結ばれた

ごくごく普通のセックスだった

冬の人は雄だったし、私は雌だった。求め合う二人がいた

それでも私は魔のようなコンプレックスである勃起不全の呪いに怯えていて、途中で萎えてしまわないか、中折しないか、射精できるのか、惹かれて興奮している場面にも関わらずそのことを気にしていた

本当に呪いのようだ

冬の人はアルコールのせいで途中、危うげだったがなんとか最後までに至った

私は冬の人に事前に自分がセックスレスなこともその理由も説明していたから、気にしてくれたのだと思う

そして残り時間が迫るカウントダウンのようなピロートークで

『アルコールを飲むとやっぱりコントロールが効かない部分がある。次会うときはセックスをしてから飲みに行くという順番はどうかな?』

と実に真面目な顔で言われた

大真面目に言われたので笑ってしまったが、私は冬の人の気遣いへの嬉しさと、初対面で深い関係になってしまい、次がないという何度かの経験をしていたから、次の約束をしてくれたことにほっとしていた

私たちは結婚をしていて、恋愛ごっこではなく男と女として相手と向かい合うのだからセックスが目的だというのは明白で、その為の手段は多岐にわたるとしてもその目的なしでは存在しえない関係であることを忘れてはいなかった

ホテルを出て駅まで歩いた

駅の近くになったとき私は冬の人の握っていた手を離した

秋の人と同じ理由で彼を失いたくなかった。少しの間手を繋げないことよりも、この先長く一緒にいられる人生である方を選びたかった

彼が改札まで見送ると言ってくれたので

「幾つだと思ってるの?子どもじゃないから大丈夫」

と改札へ向かう長い階段の前で別れた

私がこのセリフを言う時は、相手が私を心から気遣ってくれるのが分かった時に照れ隠しで言ってしまう癖のようなセリフだった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です